珈琲分類から選ぶ


珈琲はもともと、甘みや酸味や苦味といった風味をあわせ持っています。

それぞれの珈琲がどんな特徴の珈琲かを分類することは難しいですが、

Nene Coffeeの独断と偏見でグループ分けしてみました。
ライン
甘み
Nene Coffeeで気に入って取り寄せる味の「甘み」です。
高地など日中と夜間の気温差が大きいと珈琲豆が糖分をより多く生成する。これが焙煎により酸味になり甘みに変化する。
口に含んだ瞬間から甘みが広がる珈琲、これがNene Coffeeの甘い珈琲です。
どんな風に甘いか、銘柄や産地によっていろいろですし、好みや飲むときの気分や一緒にいただくスイーツによっても変わります。いろいろ飲み比べてみるといいですね。
ライン
爽やかな酸味
酸味は珈琲の代表的なキャラクター。
ただ、いくらいい酸味といっても、すっぱいものはすっぱい。
ほのかに柑橘系の爽やかさがある甘酸っぱい酸、これがNene Coffeeのおいしい酸味です。
ライン
香り
珈琲には珈琲の香りがあります。あたりまえです。。。
ライムのような柑橘系の香り、お花が開いたような香り、そんな特別な香りを持つ珈琲豆があります。
甘さや酸味とあわせもったフレーバーではありますが、この特徴ある香りが楽しめるのが、Nene Coffeeの香り珈琲です。
ライン
苦味
珈琲の苦味もあたりまえでしょうか。。。
ただ、特に苦味を前面に押し出したような強い味をした珈琲豆があるのです。
渋みやきつさではなく、その珈琲の木ならではの強さが苦味に表れている、これがNene Coffeeの苦味珈琲です。
そのため、単に深煎りにしたことで増す苦味というわけではありません。
ライン

珈琲をじっくり味わって好みを探すなら、朝のブラックが一番です。
モーニング珈琲で、まだパンもミルクも何も口にする前に、ブラックで珈琲をすすってみてください。
ワインを舌の上で転がすように、珈琲も転がしてみましょう。
該当する商品がありません
お買い得情報
発送
電話注文
カートを見る
取扱店募集
グループ購入
限定卸
Top
Copyright© 2015 Nene Coffee Roaster